まつ毛エクステで使用の注意点とは?

美容意識の高い女性にとって、まつ毛エクステは必須アイテムであり、身近なものです。まつ毛エクステの施術を行っているサロンもたくさんありますが、最近では自分でまつエクする「自宅派」も増えています。まつエクの施術についての口コミや、セルフでまつエクを行う方法についての情報はたくさんあるにも関わらず、まつエクをした後の生活についてはあまり知られていません。具体的には、まつエクをした後に日常生活で気を付けることや、注意点などです。

まつエクの正しいお手入方法や注意すべき点を知っていないと、まつエクの持ちが悪くなるだけでなく、自まつ毛が弱ったり、抜けやすくなります。さらに深刻なケースだと、目の病気になる可能性もあります。

ここでは、意外に知られてないまつエクのお手入方法や、注意点をご紹介します。

◆目をこすったり、タオルで目元をゴシゴシしない

強く目をこすったり、タオルで目元に刺激を与えると、まつエクが取れやすくなります。それだけではなく、自まつ毛にも刺激になるので、自まつ毛が抜けやすくなる原因になります。目元はやさしく、押さえるように拭きましょう。

◆うつぶせ寝をしない

うつぶせ寝で寝るのが好きな人、いませんか?うつぶせ寝だと安心感があるという人もいますが、まつエクをしている人にはおすすめできません。目元に体重がかかったり、無意識に目元をこする原因にもなります。せっかく時間とお金をかけたまつエクも取れやすくなり、さらにまつ毛に寝癖が付く可能性もあります。

◆マスカラは極力控える

マスカラで目元を盛りたいと思う人も多いですよね。しかし、まつエクをしている人にとってマスカラはあまりおすすめできません。マスカラは自まつ毛を傷める原因になり、まつ毛が抜けやすくなります。さらにマスカラをクレンジングで落とすときに、どうしても刺激になります。洗浄力が弱いクレンジングだとマスカラを落としきれないこともあるので、メイクオフするのが大変です。

◆まつ毛美容液を使用する

まつ育で定番アイテムになっているのが、まつ毛美容液の存在です。まつエクをしているとまつ毛が長くなるので、自まつ毛のお手入は不要と思っていませんか?

自まつ毛にとって、まつエクというのは少なからず負担になります。その負担が積み重なれば、自まつ毛が切れやすくなったり、短くなる人もいます。そういったことを防ぐためにも、自まつ毛のケアを怠らずに行いましょう。まつ毛の生え際と、まつ毛の長い部分に塗布することで、自まつ毛にハリとコシを与えることができます。自まつ毛が細く、短くなると、場合によってはまつエクができなくなりますよ。

◆目元をあまり触らない

特に初めてまつエクをした人にありがちですが、目元が気になって頻繁に手で触ってしまう人がいます。しかし、触れば触るほどまつエクにとっては良くありません。取れやすくなる原因にもなります。目元が重く感じたり、違和感があると最初は思うかもしれませんが、極力触らないようにしましょう。

◆クレンジングはオイルフリーのものを選ぶ

サロンでまつエクを施術した人であれば言われることですが、使用するクレンジングはオイルフリーのものにする必要があります。オイルが入っているクレンジングの方が洗浄力は強いですが、その分まつエクに使用しているグルーが取れやすくなります。そのため、グルーが取れにくいオイルフリーのものを使用しましょう。

またメイクをオフするときは、目元は横にこすらないようにしましょう。アイライナーなどの目の際のメイクであれば、綿棒にオイルフリーのクレンジングを付けて、優しくオフするといいです。

◆まつエク施術後4時間~6時間はメイク&洗顔禁止

サロンでまつエクする人であれば、すでに常識のことかもしれません。しかしセルフでまつエクする人が意外に知らないのが、まつエクの施術後数時間はメイクや洗顔ができないということです。

これはまつエクで使用するグルーが完全に乾くのを待つためです。グルーは時間をかけて蒸発しながら乾燥します。そのため、どうしても4時間~6時間は時間を空ける必要があります。

◆まつ毛のブラッシングをする

髪の毛を毎日とくように、まつ毛も毎日専用のブラシでブラッシングするといいですよ。まつ毛についたほこりや汚れを落とすことができ、きれいなまつエクをキープするだけでなく、まつエクの持ちもよくなります。まつエクのカールを押し付けないようにブラッシングするのがポイントです。

いかがでしたか?まつエク経験が長い人であれば、すべて知っていたという人もいると思います。

まつエクにとって一番大敵なのが、「油」と「刺激」です。「まつエクを長持ちさせる=グルーを長持ちさせる」と考えても過言ではありません。逆に言うと、グルーの刺激になるようなことをすれば、まつエクの持ちが悪くなるだけでなく、目元が汚くなります。せっかくのまつエクも、見た目が汚くなればガッカリ感がありますよね。

上記のようなお手入方法、注意点を守り、きれいなまつエクを長持ちさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA