ジェネリック薬品のケアプロストとは?

あなたは、ジェネリックという言葉を聞いたことがありますか?薬局などで薬を処方されるときにも、ジェネリック薬品を選ぶことができるようになりました。同じ成分内容でありながら安い価格で購入できるジェネリック薬品は、効果を維持しつつ、お財布に優しいので魅力があります。

今やすっかりまつ毛育毛剤として定着しているルミガンですが、もともとは緑内障のための点眼薬です。つまり医薬品です。そのため、ルミガンにもジェネリック薬品があります。「ケアプロスト」という名称で販売されていますが、成分内容はルミガンと同じです。

ケアプロストがルミガンと異なる点としては、販売している会社が違います。ルミガンはアメリカにあるアラガン社から販売されていますが、ケアプロストはサンファーマ社が販売しています。またジェネリック薬品のケアプロストの方が、価格面でルミガンよりもお得に購入できます。

輸入代行業者によって価格の設定は異なりますが、ケアプロストであれば最安値で、1本1000円程度から購入できます。ちなみに、正規品のルミガンであれば、最安値でも1950円前後します。価格で比較すると、その差は大きいです。

とはいえ、人によっては「ルミガンは効果があるけれど、ケアプロストは効果がない」と感じる人もいます。基本的には同じ成分として作られているケアプロストですが、元祖ルミガンの方が人気です。「元祖ルミガンの方が安心、確実にまつ毛育毛剤としての効果を実感したい」と考えている人にとっては、ルミガン派が多いようです。

ちなみに、ルミガンと成分内容が同じケアプロストなので、副作用の可能性も同様にあります。そこはきちんと認識しておく必要があります。

ジェネリック薬品のケアプロストを使うのか、または元祖のルミガンを使用するのかは、個人の考え方によります。銘柄やメーカーにこだわらない、という人であれば、同様の効果があるジェネリック薬品のケアプロストの方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA