まつ毛育毛剤のルミガンが開発された目的は?

まつ毛を長く伸ばしたい、濃くしたいと思っている女性にとって、まつ毛育毛剤は気になるアイテムです。本当に自まつ毛が長く、濃くなるのか、その効果が気になりますよね?まつ毛育毛剤は数多くありますが、高い口コミ評価がある商品として、ルミガンがあります。

あなたはルミガンのパッケージを見たことがありますか?ルミガンの容器を見たことがある人であれば分かりますが、パッケージは医療用として製造された目薬そのものです。市販されているまつ毛育毛剤はかわいらしくてオシャレなパッケージですが、ルミガンは市販のものとは全く違います。外見からは到底まつ毛育毛剤に見えない、それがルミガンなのです。

それもそのはずです。今やルミガンはまつ毛育毛剤として定着していますが、本来は医療目的で製造されました。本来のルミガンの使用目的は、緑内障の治療薬としての目薬です。最初から美容目的で使用されていたわけではなく、緑内障の治療薬として使用していくうちに、副作用でまつ毛が長く、濃くなることが分かったのです。

そこでルミガンの副作用が注目され、臨床試験を行った結果、ルミガンの主成分であるビマトプロストにまつ毛を育毛する効果があると認められました。つまりまつ毛が長く濃くなるというのは、あくまでも目薬の副作用だったのです。

目薬として開発されたルミガンの本来の役割は、緑内障の治療として眼圧を下げることです。緑内障は特定の人がなる病気ではなく、誰でも発症する可能性がある目の病気です。

まつ毛育毛剤として定着しているルミガンですが、海外ではガン治療でまつ毛を失った人にルミガンを処方するというケースもあります。医療機関でもまつ毛の育毛の効果が高く評価され、実際にまつ毛を失った人にとってルミガンは、ありがたい薬でもあるのです。

日本ではルミガンはまつ毛育毛剤としての処方は行われておらず、あくまでも緑内障を治療するための目薬としての扱いです。そのため、購入方法も一般的なまつ毛育毛剤と異なるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA